思春期にきびの原因と対策〜おでこニキビ・ブツブツ肌をきれいにする方法

思春期ニキビは、10歳位から18歳の頃、
成長ホルモンの分泌が活発なる頃に出来やすいと言われています。

 

成長ホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、
その皮脂をアクネ菌が栄養としてニキビが増えてしまいます。
特に皮脂腺の多いTゾーンに出来やすくなります。

 

特におでこは紫外線の影響を受けやすい場所なので、
アクネ菌が活発になってしまい出来やすくなってしまいます。
前髪で隠そうとして、肌に汚れが付きやすくなったり、
髪の毛で刺激されて悪化したり‥。
おでこニキビは治りずらい厄介なニキビです。

 

年々、思春期ニキビは出来にくくはなってきますが、
きちんとニキビケアをすることが大切です。

 

お手入れの対策としては常に肌を清潔に保つことが大切です。
しかし清潔にすることに一生懸命になりすぎて、
洗い過ぎてしまい、皮脂を取り過ぎてしまい、
肌のモイスチャーバランスを崩してしまうことが
悪化の原因にもなってしまいます。

 

ニキビを気にするあまり、さっぱりとしたお手入れをして、
肌の水分量が減少し乾燥すると、余計に皮脂が出やすくなります。
水分を保てる健康な肌にしてあげることで、
ニキビが治りやすく、出来にくい肌になります。
積極的に潤いケアをすることが大切です。

 

そして、外出する時はUVケアをしっかりと。
食事も糖質や脂質の取りすぎにも気を付けましょう。

肌潤糖クリアを申し込む